※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



【銭亀町】
ゼニガメチョウ。蛟龍町西隣の街。規模はやや大きく、科学など文明の発達したぎらぎらした街。
ロボットやアンドロイドを使い生活しており、住民は選民意識が高く、他の街を見下してい
る。「銭亀財閥」という財閥に統治されている。
隙あらば支配しようと狙っていた蛟龍町の八咫鴉に数回辛酸を甞めさせられ、目の敵にして
おり、やたらと張り合ってくる。蛟龍タワーが自分の街よりも高いのが気に入らないらしく、
更に高いエネルギータワーを建設しようとしては八咫鴉に邪魔されている。(自分から挑発
しに行っているので、自業自得だが)
酷く自意識過剰だが、強きにも決して屈しない面倒な民族性を持つ。赤系黒髪族。
長年、蛟龍町の領土である「宝玉島」の所有権を主張しているが、全くの言いがかりである。
工業街である銭亀町は、居住区・海産物・貿易ルート確保のために宝玉島を狙っており、隙
あらば蛟龍町も支配下におこうとしている。

<銭亀財閥>
小さな交易から、街全体を支配するまでに成長した財閥。取り扱う商品、職種は様々だが、
ロボット・アンドロイド工業に力を入れていて、家系の中にもその技術に秀でた者が多い。
特に選民意識が酷く、子供の頃から帝王学を学ばされていて、全員腕は確かだが、人間性に
難ありな人物が多い。
欲深く、蛟龍町を手に入れようと長年手をこまねいているが、代々八咫鴉に負かされている。
二代目八咫鴉の時代には、合併と財産を狙って無理やり財閥の息子と結婚させようとするが、
ぶちギレられ当時建設中だったタワー周辺を更地にさせられる。三代目の頃は大震災に乗じ
て攻め入ろうとしたが、三代目に説得され断念。今度こそはと、幼い四代目を誘拐し脅そう
とするが、逆に息子を人質に取られタワーの動力で、銭亀町の英知の結晶である「エネルギ
ーコア」を持ち逃げされる。現在は、人質にされトラウマを植え付けられた息子が、四代目
に挑んでは泣かされている。
上へ


【御蜥蜴町】
ミトカゲチョウ。蛟龍町の東隣の街。規模は蛟龍町より少し小さいくらい。蛟龍町とは山に掘った
「胎道トンネル」で繋がっており、比較的友好関係を築いている。
漁と農業で生計を立てており、銭亀町、蛟龍町と比べて貧乏で地味な街である。蛟龍町には、
昔の大震災時の物資不足の時に助けられた恩がある。赤系黒髪族。
上へ


【因幡町】
イナバチョウ。蛟龍町のある島国の北端にある中規模の街。寒さの厳しい田舎で、農家が多く特に
何も面白いものもない殺風景な街。緑系黒髪族。 
上へ


【九龍街】
クーロンガイ。蛟龍町より更に北東に位置する、世界で最も悪名高い最低最悪の街。世界警察は腐
敗しきり、政治組織も成り立っておらず、とにかく権力、力、金を持った者が街を支配してい
る状況である。弱い者から利用され殺され、街に住む全員が何らかの犯罪者である。マフィア
が乱立し、勢力争いに街が巻き込まれている。
赤毛を始めとした差別が激しく、「赤毛狩り」と称した虐殺運動でこの街の赤毛は残らず殺さ
れてしまった。青系黒髪族。
上へ


【鱶島町】
フカジマチョウ。小さな島全体が街になっている。初代八咫鴉の故郷であり、建物が無秩序に立ち並び、
狭い島に大量の人々が住んでいた。蛟龍町の造形に少なからず影響を与えている。
世界大戦時の爆撃により、島は沈み現在では僅かな廃墟が残るだけである。
上へ